ダイエットをするときにはリバウンドに気をつけよう

糖質を減らす

糖質の少ないおからや大豆やふすまのパン

糖質の過剰摂取は、肥満の原因となります。糖質が多く含まれている食品ほど摂取カロリーが多いので、食べすぎた場合には、カロリー消費量を増やす努力をしなければ、太ってしまうのです。 そのため昨今では、最初から摂取しすぎないように、糖質制限食を食べる人が増えてきています。糖質制限食の中でも、特におからパンや大豆パンやふすまパンなどを食べる人が多いです。一般的にパンは、小麦粉から作られています。糖質は特に穀物に多く含まれているので、小麦粉から作られたパンを食べれば、多くの糖質を摂取することになります。しかしおからや大豆やふすまから作られたパンなら、食べてもさほど糖質を摂取せずに済むのです。 ダイエットのために食事を控える人は多いですが、空腹感に耐えられず続かないという人もまた多くいます。しかしこういった糖質制限食なら、空腹感で苦しむことなく、比較的快適にダイエットを進めていくことができるのです。

1個あたりの糖質の量と摂取カロリーと価格

一般的に、小麦粉で作られているロールパン1個に含まれている糖質は、20g前後です。そしてこれを食べた場合の摂取カロリーは、150kcal前後となります。 しかしおからや大豆やふすまで作られているロールパンの場合、1個あたりに含まれている糖質は、5g前後となります。中には2g程度まで糖質を減らしてあるものもあります。そして摂取カロリーは、100kcal前後です。 そのため、こういったパンは糖質制限食として注目されているのです。1個あたりの価格は100〜200円ほどなので、小麦のパンとほぼ同じか、わずかに高いという程度です。それでいて高いダイエット効果を得ることができるため、毎日の食事にこういったパンを食べる人は、増えています。

↑ PAGE TOP